ムッシュblog

保育園につくられた話し合いの場所

2018年6月14日

みなさんこんにちは、ムッシュです。
今日、4年に一度のサッカーワールドカップが開幕です。
今回の優勝国はどこになるんでしょう。
そして今週は、「FOOMA JAPAN 2018」です。
開催は明日まで!お急ぎください!!
今日はコーチブログです。最後までお付き合いください。
••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

私はファミリービジネスアドバイザー&コーチとして、事業承継に関わるいろいろな厄介な問題を解決する仕事を生業としている。

弁護士さん税理士さんなど、ほとんどの外部専門家は、最後「家族で相談してください」と言って真の解決に至らないうちに関わりを終えることがしばしばだ。私はそうでなく、彼らが投げ出してしまう領域を専門として関わるのである。これは大変やり甲斐のある仕事で自分の天職と考えている。

親子の問題、兄弟の問題、夫婦の問題、嫁と姑の問題•••ほとんど原因は、コミュニケーション不足によるものだ。

ここで、一つ事例を紹介することにする。
親族同士で解決しないからと言って、どちらにも弁護士がつき裁判する場合がある。
どうなるか?
弁護士は勝ちにこだわり、一方が勝ちまくったとする。皆さんはそれで一件落着したと思うかもしれない。が、しかし、そうは問屋がおろさない。
なぜか?親子や兄弟など関係が近いほど、負けた方は納得しない場合が多い。これが現実だ。
親族同士の裁判では、短期的には勝ったとしても、これは根本的には真の解決にならないことがわかってくる。
理で勝ち情で負ける。
親族同士で裁判する場合は、裁判の限界、弁護士制度の限界が事業承継のあちこちの場面で出てきているので、いずれ大きく社会問題化してくると私はみている。

そこて、解決方法はないのかと、いろいろ考えてきたのだが、ひとつの方法が見つかった。

これは私のクライアントから紹介いただいたものである!

◆毎日小学生新聞「ピーステーブル」◆

NHKキャスターの国谷裕子さんが紹介されている。
アメリカの保育園で子供たちが対立したとき「ピーステーブル」という手法で解決しているというのだ。

詳しくは、以下の毎日小学生新聞の記事を読んでいただきたい。

ピーステーブルとは、
•••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••
アメリカの保育園で子供たちが対立したとき「和解のテーブル/ピーステーブル」という手法で解決しているというのだ。

園児がケンカをしたり、言い合いになったりすると保育園の部屋の隅に置かれた小さいテーブルに座らなくてはならない。机の上には小さい小石が一つ置かれ、小石を持った方が話をし、相手が小石を持って話している間はじっと聞いているのがルール。ひとり一人がじっくり自分の気持ちを話し、相手の話も丁寧に聞く。

……………………………………………………………….:
仲介役は何もしません。両者の声に耳を傾けるだけです。答えは当事者自身が持っています。大事なのは解決方法を当事者自身が自分たちで考えついたと思えることなのです。

(毎日小学生新聞 2018年6月3日号 抜粋)
••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••

私が思うに、「ピーステーブル」の成果は、ふたつ!
1、傾聴のスキル(最後まで聞く)が身につく。
2、人から言われるのでなく、自分たちが主体的に考え解決策を自ら立てるようになる。

私が驚いたのは、アメリカでは小さいうちから、「ピーステーブル」を実践して習慣化していることだ。

今すぐ出来ることは?
みなさんも家庭の中で、すぐ実践してはいかがだろうか?
参考になれば、嬉しいです!

末松大幸(すえまつ ひろゆき)
♪ 本音のフィードバック ♪
事業承継コーチング
★株式会社トップコーチングスタジアム
http://top-coach.jp/index.php
★中小企業庁 大阪府よろず支援拠点
https://www.yorozu-osaka.jp/
——————————————————————-
◆FBAAファミリービジネスアドバイザー資格保持者
http://fbaa.jp/
◆(一財)生涯学習開発財団認定コーチ
◆日本コーチ協会 正会員 No,1002885
https://www.coach.or.jp/
——————————————————————-

••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••••
カッとなって小石を投げないかと思いましたが、聞いてもらっているうちは、カッとなることもないですね。
すごいシステムです。
それではまた、ムッシュでした。

コメントはまだありません »

RSS feed for comments on this post. TrackBack URL

Leave a comment

  • ムッシュblog

旧ムッシュblog

オンラインショップ
見積りのご依頼
パンフレット(PDF)

Page top